FC2ブログ

2017.7.31  宮城県仙台市 瑞鳳殿 6


こんにちは。

今日は ラストです。

瑞鳳殿




綱宗公の 善応殿

17-7-31-1044.jpg

緑に囲まれた
静かな御霊屋です





来るたび 自分でも
苦笑いしてしまうのですが
私に似ています

17-7-31-1042.jpg

この時代に生まれていたら…
と 思うのです







帰り道

17-7-31-1059.jpg

長い階段を 入口へ戻りながら
気持ちを「今」に戻していきます。






政宗が亡くなった時
後を追い 殉死した家来が
たくさんいました。

17-7-31-1057.jpg

瑞鳳殿のわきに
その慰霊塔もあるんです。
昔の武家社会は
いろいろ大変だったんだなぁと
思います。
(ご立派な最後でした)と
手を合わせます。





明日は
政宗公の正室
愛姫がお参りしたという
穴蔵神社です。

関連記事
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
https://hirocoppi.blog.fc2.com/tb.php/997-31d594b6

Comment

onorinbeck | URL | 2017.07.31 16:18
そうやねー。
もしかしたら直虎になってたかもよ!
僕は、多分、猪突猛進やから名もない武将で終わってらと思います(笑)
ぴよ社長 | URL | 2017.07.31 18:32
onorinbeckさん


直虎か〜(笑)
私の和風顔が全盛期だった頃の時代に生まれたかった。
「なんて美しい!まるで天女のようだ〜」って
お殿様に見初められていたかも〜♪
と、のんきなことを想像してしまう^^
タヌキ親父 | URL | 2017.07.31 23:03
うーーん、そうねぇ…
ウォシュレットを覚えてしまった今、もうこういう時代は無理だなぁ…ww
ぴよ社長 | URL | 2017.08.01 07:22
タヌキ親父さん


便利な世の中を体験してしまったら
昔には戻りたくなくなっちゃいますよね〜(笑)
狛 | URL | 2017.08.02 06:11 | Edit
面白い発想(笑)。
時代や国によって価値観って全然違いますもんね。
前世ってのはどうだろう、全然違う容姿の人なんだろうか。
(神道では輪廻転生みたいなコトはどう考えてたか……忘れた)
容姿込みで繰り返してたら、ちょっと面白いですよね。
前世もどことなく自分と似た人間だった、みたいな。
というか、人間じゃなかったって可能性もあるのか……。
それでも、羽の長さや、色の鮮やかさを競ってたのかもしれませんよね。
ぴよ社長 | URL | 2017.08.02 07:21
狛さん


「前世ってあるとおもう派」なのですが
前世でも私、写真撮ってました、たぶん。
また変なはなしになちゃうのでストップ(笑)

和風顔がもてはやされた時代に生まれたかったなぁ〜^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

ぴよ社長

Author:ぴよ社長
宮城県仙台市在住。
宮城県・山形県への
「行って良かった!」
ちょっとしたお出かけを
勉強中の写真とともに
ご紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとう^^